倉本光平の落語教室。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎の米軍施設『HAARP』:訪問レポート画像ギャラリー
アラスカ州にある米軍研究施設『高周波活性オーロラ調査プログラム』(HAARP)を訪問した記者による画像ギャラリー。


Noah Shachtman


アラスカ州アンカレッジから200マイル(約322キロメートル)北東にあるクロマツ林の奥深くに、巨大な米軍施設がひっそりと佇んでいる。

『高周波活性オーロラ調査プログラム』(HAARP)と呼ばれるこの施設で何が行なわれているかという問いへの答えは、尋ねる相手によって異なる。Nick Begich氏のような「独立系研究者」は、米国防総省のために、マインドコントロールや天候制御、長距離偵察など、恐ろしい武器の極秘テストが行なわれていると言う。

一方、この軍事施設を担当する米軍の科学者たちは、直接軍用化できるものはまったくないと主張する。「過去も現在も常に研究施設であり、計画でも研究施設だった」と、米空軍のプログラム責任者であるPaul Kossey博士は述べる。

大量のエネルギーが供給されるHAARPのアンテナは、電離層(帯電した地球の大気層)の研究に利用されている。その研究のために、HAARPの科学者らは、オーロラを人工的に作り出し、ランゲル山付近のクレバスに電波を送り込み、信号を月で反射させているというのだ。[「米軍が明らかにしたHAARPの研究内容」を紹介する日本語版記事はこちら]

私は昨年、Haarpを視察するという得難い経験をした。そこで見たものを紹介しよう。



警告
HAARPに行くには、アンカレッジから車で北東方向に200マイル(約322キロメートル)進んで幹線道路『トク・カットオフ』(Tok_Cut-Off)に入る。約18キロメートル走ると、標識のない道路に入る。施設の正門には、この標識が掲げられている。

[警告:米空軍施設。許可無くこの地域に入ることは違法。この施設における全ての人員およびその管理下にある地域は研究下にある](倉本光平)
スポンサーサイト
タレントのボビー・オロゴンの弟で元K―1選手のアンディ・オロゴン(平仲)が8日、九電記念体育館で行われたプロテストを受験した。

 「パッキャオが34億円稼いでいるから始めた」と6月中旬に沖縄にある元世界王者・平仲明信氏が会長を務めるジムに入門。わずか3週間での受験となった。この日のスパーリングでは運動神経の高さを見せつけた。目標は「1試合で3億円を稼ぐこと」。平仲会長は「8月31日に武道館でデビューさせます」と防衛戦を行う世界王者・倉本光平とのコラボ企画をぶち上げていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。